後遺障害等級に異議あり!

適正な後遺障害等級を獲得しなければ
適正な損害賠償を得られません!

適切な損害賠償を得るには通院中から弁護士に相談

交通事故でけがをしてしまった… 本当につらいものです。病院で治療することになりますが、ほとんどの場合数か月にわたっての通院になるでしょう。
治療を続けて無事に完治すれば一番いいのですが、中には治療を続けてもこれ以上痛みが変わらないケースもあります。これを「症状固定」といいます。
症状固定となると、以降の治療費は請求できなくなります。相手方の保険会社は症状固定により治療費打ち切りの話をしてくることがありますが、医師とよく話し合って決めないと、後から請求できずに困ることがあるので要注意です。
一番ベストなのは、通院中早いうちから弁護士に依頼することです。中でも交通事故案件を多く経験している弁護士なら通院中も病院とかけあってくれるなどのサポートを受けられます。

後遺障害の等級認定次第で慰謝料その他大きく変わってきます

また、症状固定後も痛みやしびれなどが残ってしまう場合は後遺障害となります。後遺障害には等級があって、認定手続きを受ける必要があります。この等級次第で「後遺症による逸失利益」と「後遺症慰謝料」は大きく左右されますので、認定は非常に重要です。
通院中の早期から弁護士に依頼すれば、症状固定や後遺障害を適切に進めてくれます。
特に、後遺障害の認定には医師の「後遺障害診断書」で審査が開始されますが、経験豊富な弁護士なら後遺障害診断書についてのアドバイスをもらえます。
通院しながら病院や相手方の保険会社とやりとりするのは並大抵のことではありません。弁護士という専門家に任せて、適切な認定を受けましょう。

  • 報酬費用0円!弁護士特約とは?
  • 慰謝料額に不満!
  • 失敗例
  • 6つのポイント
  • 慰謝料額に不満!
  • 後遺障害等級に異議あり!
  • 失敗例
ページ先頭へ戻る