慰謝料額に不満!

交通事故の賠償金増額は
弁護士介入で実現可能!

交通事故に遭ってしまったら治療開始と同時に弁護士に相談!

交通事故に遭ってしまった…
まず一番はけがの治療ですが、同時に忘れてはならないのが弁護士への相談です。
交通事故と弁護士、一見関係がなさそうに感じるかもしれませんが、実は交通事故被害者にとって弁護士はあなたの強い味方です。
なぜなら今後の示談、賠償金増額、後遺障害等級認定など、各場面で貴方のかわりに交渉したり、病院に同行したり、最終的に増額に向けて動いてくれるからです。
弁護士に相談をはじめるベストな時期は、ずばり事故直後です。交通事故処理経験の豊富な弁護士は、解決法を多く知っています。
もちろん示談交渉に入ってからでも弁護士に相談しても間に合いますが、早くから相談することでより適切な賠償額を獲得できる可能性が高くなります。

知らないと損する弁護士に頼むメリット

交通事故被害の場合、通常は加害者側の保険会社とのやりとりになりますが、一般的に相手保険会社は自社の利益のために、賠償金を安く提示してきます。これを鵜呑みにしてはあとあと後悔するばかりです。
といいますのも、損害賠償には3つの基準があります。自賠責保険の基準、任意保険基準、そして裁判基準です。中でも一番高額なのは、裁判で判決が導き出された裁判基準です。
弁護士が介入することで裁判基準をベースに交渉し、結果的に保険会社が当初提示した金額の2~10倍になるなどのケースも多く存在するのです。
自分ひとりで示談に応じたらどうなるでしょう。保険会社の担当者は交通事故のプロです。これに対して個人が交渉すればどうなるか? うまいこと言いくるめられて、あとで後悔するばかりです。
そこで、面倒な交渉ごとは弁護士に一任しましょう。

  • 報酬費用0円!弁護士特約とは?
  • 後遺障害等級に異議あり!
  • 失敗例
  • 6つのポイント
  • 慰謝料額に不満!
  • 後遺障害等級に異議あり!
  • 失敗例
ページ先頭へ戻る