自分で解決する場合

こちらでは弁護士に依頼をせず、ご自身で解決をする際の覚えておきたいポイントをご説明します。

自動車同士の事故の場合、通常は任意保険会社が代行

示談交渉付きの任意保険に加入していれば、多くの場合自分が交渉等に乗り出していく必要はありません。 保険会社同士が交渉してくれることが殆どだからです。
これは、双方に「損害」が発生しており、かつ、保険会社に賠償の責任が発生していることが条件です。

相手側に損害がない交通事故は、自分で解決

相手側に損害がない場合は、保険会社は自分がお金を払う必要がありませんのでわざわざ出てきて、 交渉を代行することはありません。
下の図のように、歩行者と車との事故の場合は、殆どの場合車側には損害が発生しないので、被害者側の任意保険会社が 出てくることはありません。
その場合は被害者である歩行者が自分で相手側の任意保険会社と話し合いをする必要がでてきます。

また、相手側にも損害があったとしても、こちら側に過失がなく賠償の必要がないような場合や、 逆にこちら側が飲酒運転などをして保険会社が支払を拒絶しているような場合も、任意保険会社が 話し合いを代行してくれませんので、自分で相手側保険会社と交渉することになります。

交通事故 解決について

弁護士に依頼するメリット

交通事故に遭ってしまった場合、あなたの強い味方になってくれる弁護士。こちらではそんなプロフェッショナルに依頼した際のメリットをご紹介します!

弁護士に依頼するメリット

自分で解決する場合

こちらでは交通事故の解決をご自身で進めていく場合の注意点やポイントなどをご説明いたします。

自分で解決する場合

解決までの流れ

交通事故に遭ってしまったけれど、解決までどういう流れで進んでいくのか分からない…こちらでは交通事故解決までの流れをお教えします。

解決までの流れ

後遺症:イメージ

後遺症について

  • 後遺症の危険性について
  • 後遺症の種類
  • 具体的な症状
  • 後遺症の治療について
  • 症状固定とは
  • 後遺障害等級の認定とは
  • 6つのポイント
  • 慰謝料額に不満!
  • 後遺障害等級に異議あり!
  • 失敗例
ページ先頭へ戻る