具体的な症状

症状について考える男性

交通事故後に起こる具体的な症状として、骨折、捻挫、打撲、むち打ち症などがあります。さらに、交通事故が原因となり、腰痛が起こるようになったり、手足の障害やしびれが生じることも少なくありません。
また、めまいや頭痛、だるさや不快感などを感じる場合もあります。
他にも、交通事故に遭ったことが発端となって、心的外傷後ストレス障害、いわゆるPTSDを発症することもあります。
PTSDは、睡眠障害や集中困難、うつ状態、無力感、恐怖感といった症状が起こりやすく、日常生活や人間関係の維持などが困難になってしまうことが多いです。

後遺症:イメージ

後遺症について

  • 後遺症の危険性について
  • 後遺症の種類
  • 具体的な症状
  • 後遺症の治療について
  • 症状固定とは
  • 後遺障害等級の認定とは
交通事故に遭ってしまったら

交通事故 解決について

弁護士に依頼するメリット

交通事故に遭ってしまった場合、あなたの強い味方になってくれる弁護士。こちらではそんなプロフェッショナルに依頼した際のメリットをご紹介します!

弁護士に依頼するメリット

自分で解決する場合

こちらでは交通事故の解決をご自身で進めていく場合の注意点やポイントなどをご説明いたします。

自分で解決する場合

解決までの流れ

交通事故に遭ってしまったけれど、解決までどういう流れで進んでいくのか分からない…こちらでは交通事故解決までの流れをお教えします。

解決までの流れ

  • 6つのポイント
  • 慰謝料額に不満!
  • 後遺障害等級に異議あり!
  • 失敗例
ページ先頭へ戻る