むち打ち症

交通事故被害でもっとも多いのが、むち打ち症による後遺症被害です。頭痛、手足の痛み、しびれ、麻痺など神経症状と言われる症状が出てきます。本人の訴えによって判断される要素が大きく、交通事故ではよく問題になります。
後遺症では14級、12級、9級と被害のレベルによって大きく変化します。

最も重要なものがレントゲンなどによる画像診断です。画像診断で異常が発見されるような被害は12級を目安とされます。
さらに日常生活に制約があって、就労がかなり制約されると9級と判断されます。これに対し、画像上分かりづらいが被害がありそうだという事例は14級と診断されます。

高次脳機能障害

高次脳機能障害とは、頭部外傷後に生じる認知障害(記憶、記銘力障害、集中力障害、遂行機能障害、判断力低下等)と人格障害(感情易変、暴力・暴言、攻撃性、幼稚、性的羞恥心の低下、多弁、自発性・活動性の低下、病的嫉妬、被害妄想等)によって社会復帰が著しく困難になる脳機能障害を言います。

高次脳機能障害は非常に難しい判断ですので、この問題を扱うには弁護士への相談は不可欠となってきます。

脳脊髄液減少症

脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)とは脳脊髄液腔から脳脊髄液が持続的ないし断続的に漏出することによって脳脊髄液が減少し、頭痛、頚部痛、めまい、耳鳴り、視機能障害、倦怠などさまざまな症状を呈する疾患」とされています。

後遺症:イメージ

後遺症について

  • 後遺症の危険性について
  • 後遺症の種類
  • 具体的な症状
  • 後遺症の治療について
  • 症状固定とは
  • 後遺障害等級の認定とは
交通事故に遭ってしまったら

交通事故 解決について

弁護士に依頼するメリット

交通事故に遭ってしまった場合、あなたの強い味方になってくれる弁護士。こちらではそんなプロフェッショナルに依頼した際のメリットをご紹介します!

弁護士に依頼するメリット

自分で解決する場合

こちらでは交通事故の解決をご自身で進めていく場合の注意点やポイントなどをご説明いたします。

自分で解決する場合

解決までの流れ

交通事故に遭ってしまったけれど、解決までどういう流れで進んでいくのか分からない…こちらでは交通事故解決までの流れをお教えします。

解決までの流れ

  • 6つのポイント
  • 慰謝料額に不満!
  • 後遺障害等級に異議あり!
  • 失敗例
ページ先頭へ戻る