自賠責保険

自賠責保険とは、国が制定した“他人に対する最低限の保険”です。
通常の傷害の場合には最高120万円、死亡事故の場合には最高3000万円が支払われます。 後遺障害が残った場合には等級に応じて、後遺障害分として75万(14級)~4000万円(1級)が支払われます。

この保険は公道を走る全ての車、バイクに加入が義務付けられています。

この保険の特徴は、対人事故であることに限定して保険金が支払われることで、対物事故の保障を必要とする方は別途任意保険に加入する必要があります。

任意保険

任意保険は、自賠責保険でカバーできない賠償額を支払うための保険です。

自賠責保険でまかないきれる賠償額は、後遺症が残らなかったり、相手の落ち度が大きかったなど極めて例外的なケースです。ほとんどの事故では120万円を超すため、ほとんどのドライバーが任意保険にも同時に加入しています。

これには掛け金や保障内容、かけすてかどうか、など様々な種類があり、ご自身の運転頻度などに合わせて選択していく必要があります。

被害者が契約できる保険

交通事故には様々な種類の保険があります。

●自損事故保険
電柱にぶつかったりした際の自損事故で使用する保険です。

●搭乗者傷害保険
後遺障害が残った場合や、治療費などに対し約款所定の金額を支払ってくれる保険です。損害の填補を目的とした損害保険と言うよりも、傷害保険(保険事故の発生により損害額にかかわらず支払われる保険)と考えたほうが良いでしょう。この場合、損益相殺とならない点が重要です。

●人身傷害保険
事故の発生に自分の落ち度がある場合、自分の落ち度分の損害を担保してくれる保険です。ただし、担保されるのが契約した保険契約(約款)で定めた金額分のみで、その水準は裁判基準に遠く及ばない点には注意が必要です。

●無保険者傷害保険
加害車両が任意保険と契約していない、あるいは免責条項で任意保険が使えない(例:21歳未満不担保特約をつけていたところ、保険契約者の18歳の子供が運転して事故を起こした)などの場合に、損害の填補を求めることができる保険です。

交通事故に遭ってしまったら

交通事故 解決について

弁護士に依頼するメリット

交通事故に遭ってしまった場合、あなたの強い味方になってくれる弁護士。こちらではそんなプロフェッショナルに依頼した際のメリットをご紹介します!

弁護士に依頼するメリット

自分で解決する場合

こちらでは交通事故の解決をご自身で進めていく場合の注意点やポイントなどをご説明いたします。

自分で解決する場合

解決までの流れ

交通事故に遭ってしまったけれど、解決までどういう流れで進んでいくのか分からない…こちらでは交通事故解決までの流れをお教えします。

解決までの流れ

後遺症:イメージ

後遺症について

  • 後遺症の危険性について
  • 後遺症の種類
  • 具体的な症状
  • 後遺症の治療について
  • 症状固定とは
  • 後遺障害等級の認定とは
  • 6つのポイント
  • 慰謝料額に不満!
  • 後遺障害等級に異議あり!
  • 失敗例
ページ先頭へ戻る