事故発生直後はすぐ警察に通報

交通事故にあってしまった場合、とりあえず警察に通報しましょう。通報しないと事故証明が発行されないので保険がおりません。事故の相手から「通報するほどではない」と断られても、のちのち不利になる場合があるので必ず通報しましょう。

事故現場の現状把握

近くに目撃者はいるかを確認し、いれば連絡先を聞いておきましょう。事故の様子を携帯電話のカメラなどで撮影しておくことも有効です。相手の連絡先やナンバーなども控えておきましょう。もし怪我をしている場合はすぐに医師の診断を受け、領収書は保管しておきます。その際、仕事上の不利益があれば休業損害として認められます。

保険会社に連絡、必要な書類等を集める

次に、自分が加入している保険会社に連絡しましょう。また、警察署や交番に備え付けている申込用紙を使用して、自動車安全運転センターから交通事故証明書を取得します。これは保険を申請する際に必要な書類です。また、事故にあった車やバイクはすぐには修理に出したり処分しないようにしましょう。物的証拠として残しておく必要があります。

示談交渉の開始

相手側の保険会社から連絡が入り、示談提案書が提示されます。
提案書はよく分からない部分も多く、裁判所の基準より低い金額であることがしばしばあります。不安を感じたり示談に額に納得できない場合は弁護士に相談しましょう。

示談の提案書の見方をご説明し、損害賠償額が適切か計算しアドバイスさせて頂きます。また、弁護士があなたを代理して、正当な補償を獲得するために、保険会社と交渉することもできます。

裁判・訴訟

弁護士が示談交渉をしても損保会社が納得できる損害額を提示してこない場合、裁判で解決することになります。

裁判となれば時間と費用がかかりますが、示談金はその後の生活にも大きく関わってきますし、裁判で勝てば弁護士費用も出してもらえるので妥協せず臨む必要があります。

弁護士に交通事故の依頼する際は、信頼できて実績の豊富な弁護士を選ぶようにしましょう。

交通事故に遭ってしまったら

交通事故 解決について

弁護士に依頼するメリット

交通事故に遭ってしまった場合、あなたの強い味方になってくれる弁護士。こちらではそんなプロフェッショナルに依頼した際のメリットをご紹介します!

弁護士に依頼するメリット

自分で解決する場合

こちらでは交通事故の解決をご自身で進めていく場合の注意点やポイントなどをご説明いたします。

自分で解決する場合

解決までの流れ

交通事故に遭ってしまったけれど、解決までどういう流れで進んでいくのか分からない…こちらでは交通事故解決までの流れをお教えします。

解決までの流れ

後遺症:イメージ

後遺症について

  • 後遺症の危険性について
  • 後遺症の種類
  • 具体的な症状
  • 後遺症の治療について
  • 症状固定とは
  • 後遺障害等級の認定とは
  • 6つのポイント
  • 慰謝料額に不満!
  • 後遺障害等級に異議あり!
  • 失敗例
ページ先頭へ戻る