301

Hさんの解決事例

後遺障害等級非該当を覆し、かつ、交渉のみで裁判と同程度の結果を出した事例



Hさんは自動車で信号待ちをしていたところ後続車に追突され、首や腰を捻挫しました。事故から1年以上経っても首や腰に痛みが残ってしまったため、仕事や日常生活において非常に苦労していました。

Hさんは後遺障害の等級認定手続をすすめました。しかしながら、非該当となってしまい後遺障害とは認定されませんでした。

後遺障害非該当であるため,保険会社の提案額は130万円という少ない額でした。



困り果てたHさんは当職に依頼をしました。当職は、医療機関に対し、より正確な診断書等の資料を作成させるなどして証拠を集めました。そして、非該当の等級認定結果に対し、異議申立てをしました。

その結果、非該当の等級認定は覆され、Hさんは後遺障害14級と認定されました。

Hさんから、「峯岸弁護士に依頼しなければ、非該当のままだったと思います。ありがとうございます。」と、感謝の言葉を頂きました。



さらに当職は、保険会社と交渉した結果、裁判をすることなく、当初提案額の3倍である390万円で和解を成立させました。この390万円は、裁判をしても同程度の額になったと思われる額です。裁判をすると半年から1年ほどかかってしまいます。

Hさんは、裁判をすることなく、裁判と同程度の金額でスピード解決できたので、非常に喜んでくださいました。依頼者であるHさんの喜びは、私自身の喜びでもあります。弁護士冥利につきます。

   一覧へ戻る  

まずは無料相談!あなたのトラブルを解決します!

048-789-6941

お車の修理をお考えの方はこちら!

  • 6つのポイント
  • 慰謝料額に不満!
  • 後遺障害等級に異議あり!
  • 失敗例
ページ先頭へ戻る